俺の話を聞けシリーズ


今回は栃木県の小野整形外科より斉藤嵩先生をお招きしてお話しいただきます。斉藤先生はヒトの動きを科学しようと様々な視点から臨床および研究活動を行っております。本質に迫ろうとする考えからはきっと新たな気づきが得られることと思います。

姿勢制御と身体反応

ヒトの姿勢にはカラダの機能,心理面,社会的一面など様々な情報が隠されています.それを全て解明することは難しいですが,姿勢から発せられるヒントを考えることは臨床においての重要なヒントになります.

私は普段の臨床において痛み,痺れを訴える患者を担当しています.現在,痛みは様々な観点から論じられています.メカニカルストレス,脳,生理学,社会・心理的側面など様々です.これを全て包括的に捉えて,痛みを訴える患者と対峙しなければいけません.しかし,これらは単独で起こるものではなく,複雑に絡み合い,一見紐解くのが不可能なようにも思えます.我々が,この問題に対して立ち向かうには一人(理学療法士だけ)では難しい場合も多く,他の職種の力が必要な場合も多々あります.セラピストである理学療法士はどのように向き合っていくのが良いのでしょうか.

理学療法士は動作を治す専門家だと考えています.しかしながら,この動作の良し悪しもまた難解です.我々の仕事は人を相手にしているため,難解な事ばかりなのです.

この難門を解くカギは身体の反応を受け取ることにあると考えています.今回のセミナーでは,私が今までに臨床で経験して学んだ姿勢制御と身体反応を通して行うセラピーをお伝えします

日時:平成31年3月3日(日)9時30分~15時30分
場所:こばやし整形外科(千葉県君津市西坂田4-6-1)
募集人数:25人
参加費:6000円
講師:斉藤嵩先生 小野整形外科
*前日に君津駅周辺で懇親会を予定しております。申し込み後に詳細をご連絡いたしますので、ふるってご参加ください。

申し込みはホームページよりお願いします。 http://bo-sonokai.jimdo.com  

『勉強会申し込み』より、必要事項を記入の上、登録をお願いします。  
1週間以内に返信がない場合、何らかのトラブルが予想されます。再度、ご連絡いただければと思います。  
申し訳ありませんが、会の性質上、領収書は発行いたしかねますので、その点ご了承の程、宜しくお願い致します。

キャンセルポリシー

〜3日前のキャンセル 手数料を差し引いた金額を口座へ振り込ませて頂きます。 前日〜3日前 50%の金額と手数料を差し引いた金額を口座へ振り込ませて頂きます。 当日 100%返金不可とさせて頂きます。

  俺達の話も聞けシリーズ
房総の会スタッフがこれまで学んできたことをどのように臨床で展開しているのかをお話しさせていただく企画になります。
ディスカッションも多く行いたいと思っておりますので、臨床で悩んでいる事柄をぶつけて見られてはいかがでしょうか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第2回は房総の会スタッフ丸が『股関節からの臨床展開』ということでお話しさせていただきます。

『股関節からの臨床展開』

 股関節は球関節という形状であったり、身体重心に近い部位ということもあり、身体の中でも自由度の高い関節と言えます。自由度が高いが故に、過剰に動きすぎてしまったり、動かざる終えない状況になったりするケースがあるかと思います。
 股関節のみならず四肢の関節に症状を有する場合、片側優位に症状を呈するケースが多いですが、症状と損傷・変形の程度がマッチしないケースも見受けられます。
 今回の勉強会では、股関節に愁訴をもつ方に対して、理学療法士として、評価・介入、どう関わるか、お話しさせていただければと思います。
 短い時間ではありますが、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

日時:平成31年1月26日(土)19時30分~21時

場所:こばやし整形外科

募集人数:25人

参加費:1000円

講師:丸洋平 おおぎや整形外科

皆様からのご参加をお待ちしております。


皆様からのご参加をお待ちしております。